サービスの展望

オフィスでパソコンを操作する女性

ビジネスを始めるときには、その拠点を確保するために貸事務所を探すことがすべての出発点である。特に将来性を考えながらエリアを絞り込んだうえで、良い物件をお得に借りるべきであろう。その場合には将来の経済活動の活発化を考えたうえで、小規模物件の需要が高まることも想定するべきである。経済成長に伴って新しくビジネスを始める人たちが増えるので、30坪未満の物件の契約増加が数年後の姿である。そのために自社でオフィスビルを開発する不動産会社は、すでに小規模テナント向けの貸事務所の確保を計画中である。また築年数の古い中規模のオフィスビルオーナーの場合には、建物のリニューアルによって積極的にテナントを募集するであろう。

独立開業向けの小規模物件を探すときには、地域密着で様々な貸事務所を取り扱う不動産会社の利用が鉄則である。特にコンパクトサイズで家賃がお得な物件や、保証金などの初期費用が割安な物件が多い業者を活用するべきであろう。また住居としても使える兼用タイプの貸事務所であれば、家賃を節約できるメリットも大きいであろう。しかも住居兼オフィスタイプの物件は、閑静なエリアに立地しているので、静かな環境で仕事をしたい人に最適である。そして災害時の事業の継続を考えるときには、新耐震基準の貸事務所を選ぶのが理想的であろう。また耐震強化工事を行ったビルの中には家賃が割安な物件も多いので、業者と相談しながらオススメの物件情報をうまく活用するべきである。