プロの管理体制

ビルの外観

分譲マンションの管理は分譲マンションを購入した住民全員で構成する管理組合が行うことになっています。当初は実際に管理組合の理事会がマンションの運営を行っていました。管理組合の理事会は住民が順番で理事になっていました。しかしながら忙しい住民が管理をすることには向いていないので専門家としてマンション管理会社が設立され、マンション管理を請け負うことになりました。マンション管理会社は理事会の意向を受けてマンションの管理を行います。マンション管理会社では日常の管理を通じて問題がある場合には理事会に報告をして対応策の指示を受けることになります。普段は理事会で決定しますが、問題が大きい場合には住民全員で総会を開いて決定することもあります。

現在はマンション管理会社の役割が重要になっています。住民が快適に過ごすことが出来るように管理をしなければなりません。建物を長く維持するためには日常の管理が重要になります。定期的に建物に手を入れて耐用年数の長期化を図らなければなりません。適切な修繕計画を立案することもマンション管理会社の重要な仕事の一つです。適切な修繕計画を実施することによって大規模修繕を先送りすることが出来る可能性もあるからです。住民から集めた修繕積立金の管理も理事会から委託されることがあります。マンションの理事会ではマンション管理会社が適当ではないと判断した時には管理会社の交替を総会に提案しなければなりません。管理費用の削減を図るために管理会社の交替を選択する組合が増えています。