値段の重要性

ビルの外観

 オフィス家具といえばどんなものが頭に浮かぶでしょうか。スチールロッカー、応接セット、耐火金庫、ホワイトボード、収納ケース、オフィスデスク、オフィスチェアーなどでしょうか。  これらの値段は、ピンからキリまでありますが、基本的には平均的な値段というのがあるのでご紹介しします。  まずはオフィスデスクですが、これは10000円前後が平均的な値段です。その付属する収納棚は3段の車輪付のものであれば1万3000円前後です。またオフィスチェアは、肘付きの背もたれがリクライニングするものは1万3000円程度、肘かけがない場合ですと1万円前後であります。  またホワイトボードは安い物ですと2000円前後、台付きの移動できるものは1万円前後します。

 オフィス家具のこれからの値段の動向ですが、物価が現在じんわりと上昇しつつありますので、オフィス家具もじんわりとその値段を上げていく可能性はあります。  しかし現在は、インターネットでの注文がメインいなってきており、店舗や営業マンを必要としていない店は価格を低価格に抑えているところもあります。ですのでオフィス家具はものによっては価格が以前よりも下がっているものもあります。  また現在ではそのインターネット市場を中心として中古のオフィス家具もたくさん出回っており、そちらは供給が多くあり、価格が若干下がっている傾向にあります。  デザイン性があるものはやはり、好みが激しいので、特に中古では比較的安くてに入る傾向にあります。